So-net無料ブログ作成
検索選択

微妙な心理 [その他]

 現在、プロ野球もJリーグも、オールスターのファン投票が行われています。そこで気になるのがやはり広島勢の投票状況。一番最近の中間発表を見てみると…さすがなのは、もちろん黒田投手。セ・リーグの先発投手部門でダントツの1位。これはカープファンのみならず、多くの野球ファンがその実力と、もはや代名詞にもなりつつある"男気"に魅力を感じているからに他なりません。一方サンフレッチェで目を引くのは、こちらも同じくチームのエース、佐藤寿人選手です。J-WESTのFW部門で第2位をキープ。2年連続の日本人最多得点の実績に加え、フォア・ザ・チームで戦い続ける姿勢が人気の秘訣ではないかと思います。

 それにしても、ちょっと解せないのがサンフレッチェの駒野選手。MF部門で14位と、あのパフォーマンスでこの順位はありえません。キャラクター的に表に出るタイプではないけれど、それでも14位って…。今のコマちゃんを越える右SBなんていないはず!(もちろんひいき目を抜いても。)ただ昨日まで行われていたキリンカップでのスーパーな活躍ぶりは全国放送されているし、今後の伸びに期待したいと思います。

 こういったファン投票もしかり、日本代表などにしても、やはり自分が応援しているチームからはたくさん選ばれて欲しいものです。さっきの駒野選手ではありませんが、力があっても選ばれていないと「なんで?」と思ってしまいます。しかし疲労度を考えると、オールスター期間は厳しいリーグ戦を戦い抜いた中での貴重な休息期間、と考えている選手も多いはず。栄誉なこととは知りつつも、選ばれなければ選ばれないで、「しっかり休んで後半戦に備えてね」と思うファン心理もなきにしもあらず。私の思いも微妙です。自分が年を取ってきて『疲れを考慮する』ということが骨身にしみて分かりつつあるだけに、なおさら微妙です。

 野球もサッカーも、最終結果が出るのはもう少し先。どんな結果が出るのか気になりますが、どういった形になっても、ここは1つ、前向きに考えていきたいと思います。選ばれればもちろん、素晴らしい。選ばれなくても、しっかり休んで(orさらに練習して?)後半戦に万全の形で臨めるから良し。そんなことを考えながら、とりあえず今日も広島勢に投票しています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

厳しい現実 [その他]

 カープ、本当にどうしちゃったんでしょうか?これだけ打てないとなると…深刻です。開幕前は、まさか打線がここまで湿りっぱなしなんて予想はつきませんでした。まさに「想定外」。HA5月号の表紙には『CARPの季節』と謳ってありますが、とてもではないけれどそんな状況ではありません。4月の段階でこれほど借金を抱え込んでしまうと、返済も大変です。そんな打線の中にあって開幕後は1人奮起していた新井選手も、今や全体の沈滞ムードに巻き込まれるてしまっています。しかしやはり、こういったときにこそ腕にCのマークをつけている前田選手や、ムードメーカーに成り得る新井選手が周りを叱咤し続けなければ、盛り上げていかなければならないと思うのですが。

 そしてサンフレッチェ。こちらも「勝利」からは少し遠ざかっています。ただ、チームの状態は決して沈滞ムードではなく、そこには「今のサッカーを続けていくんだ」という強い意志があります。今は少し我慢の時期ですが、信じて続けていけば必ず結果は伴ってくるはずです。

 そんな中、昨日は練習後、監督の熱い熱い言葉が選手達に投げかけられたそうです。(詳しくはTSSのサンフレッチェ公式携帯サイトをご覧下さい。)15分に渡って続いた話は、本当に心にしみいる言葉ばかり。監督はよく「私は選手のことを家族のように思っている」とおっしゃっていますが、そこには親心に近い愛情が感じられました。話は主に前田選手に向けてのものでしたが、きっと他の選手も思うところはあったと思います。というより、これを感じないようであれば、今以上の成長もないのかもしれません。

 監督の言葉は、きっと選手達の心に届いていると思います。だからといって前田選手が、他の選手がすぐに別人のようになって結果を残すことができるとは限りません。ただそこで大切なのは、変わろう、という意志を持って、道を切り開いていくことではないでしょうか。一歩が踏み出せなければ先もないのですから…。

 類い希なる才能を活かすも殺すも自分次第。まだ20歳そこそこの選手に対してかなり厳しい現実が突きつけられていますが、それでもやるしかありません。自分の中の何を守り、何を変えていかなければならないのか。私もそれを自問自答しながら、選手達の今後を見つめていきたいと思います。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

広島でも取材しています [その他]

 カープもサンフレッチェも、それぞれがキャンプインして今日で1週間になります。連日報道されるカープ情報、そして遠くトルコから少しずつ伝わってくるサンフレッチェ情報。共に聞いていると、シーズン開幕の到来も近いんだな、と不思議と力が沸いてきます。(サンフレッチェはトップチームが練習試合でかなりの好結果を残しているのに対して、サテライトはかなり不安が残る情報しか伝わってこないのが心配ですが…。)

 こんなことを言っている私はもちろん、広島残留組ですが、広島は広島でちゃんと取材もしています。昨日は、キャンプ地めぐりの途中で、一時広島に戻ってきている大野豊さんにお話を伺いました。

 もともと9日から解説者として各チームのキャンプ地を回る予定だった大野さんですが、五輪代表のコーチになってからは随分スケジュールも変わったようです。これまでと同じようにじっくりと練習を見ているだけではなく、各チームの関係者に挨拶回りをするなど、慌ただしさも増している様子。さらに行動を共にしているのは、星野監督ら同級生トリオの諸先輩方とあって、色々な意味で新鮮だったこともあるとか、ないとか…。

 と、そんな余談はともかく、3月号のアスリートでは、五輪代表コーチとしての大野さんの思いなどもご紹介したいと思っておりますので、ご期待下さい。(五輪のコーチって、本当に大変みたいです…。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大野コーチの奮闘に期待 [その他]

 先日、北京五輪を目指す日本代表コーチが発表されました。そしてその中に、山本浩二氏、大野豊氏という2人のカープOBが名を連ねていたことは記憶に新しいところです。

 広島アスリートの誌面でもコラムを掲載している大野さんは、前回アテネ五輪にも投手コーチとして参加しています。その当時、約2年半前になりますが、アテネ帰りの大野さんにお話を伺うと「いやー、もう本当に大変だったよ」とのことで「北京でもコーチに、と言われたらどうしますか?」と尋ねると「今はもう、絶対しない!って気分だね。でもまた時が経って、そういう話が来たら分からないけど…」とおっしゃっていました。そして、先日の発表。大変なことだとは分かっていながらも、やはり野球人の血が黙っていなかったのでしょう。会見では「前回の五輪を経験していることが強みになる」とはっきりと断言していました。さすが、大野さん!

 星野監督、田淵コーチ、山本コーチという同級生トリオの中に、1人世代の違う大野さんが入ることは、前回とはまた違った大変さもあるかと思います。もちろん、自分たちの力に絶対の自信を持っているプロでも第一線で活躍している選手達を束ねることそのものも容易な仕事ではありません。しかし、きっと大野さんならば前回の無念を晴らしてくれるはずです。(といっても、大野さんがプレーするわけではないのですが。)カープから誰が選出されるのかを含めて、山本コーチ、大野コーチの奮闘にも期待したいと思います。広島アスリート誌面でもきっと、そのうち日本代表の話などを紹介してくれると思いますので、楽しみに待っていたいですね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

元サンフレ選手にエール! [その他]

 元サンフレッチェの久保選手が昨日、横浜FMから横浜FCへ完全移籍することが発表されました。ふと横浜FCの顔ぶれを見れば、監督には高木琢也氏、DFには小村徳男選手と、サンフレサポーターにとって思い出深い方達が揃っています。果たして彼らがビッグアーチにやってきたとき、サンフレサポーターは拍手で迎えるのか、それともブーイングなのか。早くも対戦が楽しみになってきました。

 また選手達にとっても、三浦カズ選手のいるチームと対戦することは、大きな刺激となるに違いありません。サンフレッチェの選手に「昔、憧れた選手は?」とか「サッカーを始めたきっかけは?」と質問すると、必ずと言っていいほど、三浦カズ選手の名前が挙がります。元祖・キングの存在なくして今のサンフレッチェはなかった…は言い過ぎかもしれませんが、それだけ選手達にとって三浦カズ選手は大きな影響力を持っている選手です。おそらく若手選手は直接対戦したことがないはずですから、ぜひサンフレッチェの試合ではピッチに立ってもらいたいですね。

 移籍関連で言えば、今季から上村健一選手がJFLのロッソ熊本でプレーすることも昨日発表されていました。ロッソ熊本は高橋泰選手も所属しているチーム。昨年は惜しくもJ2昇格を逃していますが、今年こそ元広島勢の活躍で念願を叶えてもらいたいと思います。

 上村選手のように、ここ数年、Jリーグで活躍した選手がJFLや地域リーグに加入した、というニュースをよく耳にします。彼らが持っている経験を新天地が活かすことができれば、日本のサッカーシーンはより熱くなることでしょう。もちろんそんなきれい事だけではなく、彼らには厳しい現実も待ち受けているはずですが、特に広島でプレーした選手には「頑張って!」とエールを送りたいと思います。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

2007年は広島の年? [その他]

気がつけばもう2007年も3日目を迎え、当編集部は明日から仕事始めです。社会人何年目になっても休みはアッという間に終わってしまいます。とりあえず友人にあったり買い物したりとリフレッシュはできたと思いますので、また明日以降はしっかりと切り替えて2月号制作に励むつもりです。

 カープもサンフレッチェも、今年は頑張ってもらいたいですね。共に優勝を!と大きく出たいところですが、現実路線ではカープがプレーオフ出場権を得る3位、サンフレッチェは賞金圏内、といったところでしょうか。ブラウン流とペトロヴィッチ流が浸透しつつある両チーム。さらにレベルアップし、どんな戦いを見せてくれるのか、今からとても楽しみです。

 また昨年末から広島アマチュアスポーツも好調が続いています。中学駅伝では男子は八本松中が、女子では伴中が優勝し、高校駅伝では世羅高校が復活のV。そして年明けには実業団駅伝で中国電力が3年ぶりに栄冠をつかみました。高校サッカーも2試合連続でPK戦を勝ち上がり、上位進出を窺っている状態。サンフレユースもJユース杯を制していましたし、明るい話題に事欠きません。

 2007年は広島の年、になるといいですね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

あけましておめでとうございます [その他]

旧年中は大変お世話になりました。
本年も広島アスリートをよろしくお願い申し上げます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今年も1年、ありがとうございました [その他]

 2006年も残すところあとわずかになりました。年末に向け、選手の姿を書いていきたい、などと言っておりましたが、結局中途半端な感じになりましたね…。本当は1週間毎日更新して7人ほど、とは思っていたのですが。1つ1つの文章が長すぎたかな、という気もします。もっと短くまとめて色々な選手を出した方がよかったのかもしれません。来年以降も、ブログの中で取材を通じて感じたことやこぼれ話を更新していきたいと思いますので、お暇なときにご覧いただければ幸いです。コメントもいつでも受け付けていますので!ブログの内容に関わらず、アスリートに対するご要望なども気軽に書き込んでいただければと思います。(この選手を取り上げて、とか、こんなことを載せてください、とか、本誌の感想などでもO.K.です。)

 今年も1年間、広島アスリートとブログをご覧頂き、ありがとうございました。来年は、カープもサンフレッチェも監督就任2年目の年となります。いきなり優勝を、というと難しいかもしれませんが、確実に1つ1つステップアップして、飛躍の足がかりとしてもらいたいと思います。広島アスリートも両チームの魅力をより詳しく伝えていけるように編集部一同、来年以降もさらに精進して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。それでは皆さん、よいお年を!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ビッグニュースと新入団会見 [その他]

 先週の戸田選手完全移籍に引き続き、今日もサンフレッチェには嬉しいニュースが飛び込んできました。ウェズレイ選手が来季の契約について合意した、とのこと。しかも今度は契約期間が1年間。ペトロヴィッチ監督も今オフの新たな大型補強については否定的な発言をされていましたが、それも2人の残留が前提だったはずです。これでサポーターの方達も(もちろん私も)安心して年を越せる、と言ったところでしょうか。ウェズレイ選手には、ぜひ開幕戦ハットトリックでJ通算100得点を決めてもらいたいですね!

 例年であれば年明けにも色々移籍情報が飛び交うサンフレッチェですが、今年に限っては全てが早めに動き出しているような気がします。これはペトロヴィッチ監督が課したオフ中のトレーニングを、全選手に遂行させるため、ということが少なからず影響しているのかもしれません。ただそうなってくると気になるのは、新入団選手と期限付き移籍中の選手の動向。既に噂されているユースからの昇格組新入団は、おそらくJユース杯の結果を見守りながら、ということでしょう。期限付き移籍の選手は…某地方紙に掲載されていた高萩選手のコメントが少し気になりますが、正式なアナウンスを待ちたいと思います。

 新入団といえば、今日は朝10時からカープの新入団会見も行われました。ブラウン監督ではありませんが、「広島にようこそ!」。今年入団したのは全部で7人。社会人大学ドラフトで指名された宮崎投手は28歳で、高校3年生の前田投手や会澤選手とはなんと10歳差、という多様な顔ぶれとなりましたが、プロに入れば横一線です。互いが切磋琢磨してカープをプレーオフ進出、そして優勝へと押し上げる力となってもらいたいと思います。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

報道のあり方 [その他]

 最近少し、気になることがあります。それは、スポーツ新聞の一面。選手の去就について色々記事にするのはいいのですが…。「黒田FA移籍へ」とか「佐々岡引退直訴」とか、どこまできっちり取材をして書いているのか『?』の部分も多いのです。特に黒田選手の件については不特定の「ある関係者の話によると」という内容のみで構成され、肝心の黒田選手の言葉はなし。よく読めば「なんだ、決定したわけじゃないんだ」と分かるのですが、それでも一面のインパクトは絶大です。駅売りの新聞でタイトルだけ目にした人や、インターネットで記事のタイトルを見た人は、「それが真実なんだ」と思っても仕方ありません。それは「内容も読まずに鵜呑みにする方が悪い」のではなく、「事実と異なる形で捉えられやすい書き方をしている記事の方が悪い」のだと思います。

 確かに、多くの人が関心を持つようなネタを一面に掲載すれば、売り上げも伸びるのかもしれません。ただ、そんなことを繰り返していると情報の信憑性が問われると思うのですが…。「スポーツ新聞なんてそんなもんだよ」と言う人もいるかもしれませんが、マスコミの端くれとして、「やっぱりそれはダメでしょう」と思う今日この頃です。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。