So-net無料ブログ作成
検索選択
サンフレッチェ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

川崎を撃破! [サンフレッチェ]

第88回天皇杯 5回戦
川崎フロンターレ 0−2 サンフレッチェ広島

【得点】
33分 広島青山敏弘(0−1)
57分 広島・森崎浩司(0−2)

********************************************
サンフレッチェ、やりました!J1で優勝争いを繰り広げる川崎相手に完勝!
選手達も「自分たちのサッカー」をやりながらの勝利には、
手応えを感じているのではないでしょうか。
ゴールは2つとも素晴らしかったですね。
そしてJ1屈指の攻撃力を誇る川崎を相手に完封したことも大きい。
アキ選手、試合に出る度にどんどん頼もしい存在になっているような気がします。

次の柏戦はカズ選手と森脇選手が出場停止ということで
若干の不安も残りますが、今度は寿人選手も帰ってきます。
2009年の元日まで、このまま勝ち進んでもらいたいですね。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

小学校訪問 [サンフレッチェ]

 今日はサンフレッチェ、カープ、広島交響楽団という広島の3つのプロ団体のコラボ活動『P3』のイベントに行ってきました。これまでもP3の活動はありましたが、3つの団体が同時に同じ小学校を訪問するのは初めてとのこと。一体どんなイベントになるのか、私も楽しみでした。

 サンフレッチェから参加したのは、カズ選手と高萩選手、森脇選手、佐藤昭選手の4人。昨日仙台で試合をしてきたばかりとあって疲れもあったと思いますが、子供達の元気に触発されたかのように、一歩表に出ればサービス精神旺盛でした。最初の挨拶で森脇選手が「サンフレッチェのDAIGOです。○○○○(なんて言ったか忘れました…)ウィッシュ」と言ってポーズをとれば、カープの選手のデモンストレーションには佐藤昭選手が登場。みんなが野球のボールで遠投に挑戦する中、飛び込みでサッカーボールでの遠投にチャレンジしていました。(その飛距離に子供達からは「お〜」と歓声があがっていたものの、本人は『自分にがっかり』と納得していなかったようですが…。)

 グラウンドで全体のイベントが終わった後は、P3がそれぞれの場所に分かれて、自分たちの得意分野を指導。サンフレッチェはもちろんサッカーを、カープの選手は野球を、広島交響楽団の方は音楽を子供達と一緒に楽しんでいました。私は全部のイベントを少しずつ回ったため、逆にどこも詳しくは見られていないのですが、カープの井生選手が自分でマイクを持って仕切る姿が板についていたのにはすごいなと思いました。井生選手、かなりしっかり者のようです。

 そしてその後は各教室に分かれて、P3のメンバーと一緒に給食。ここでは各イベントのときよりももっと選手を近くに感じられたのではないでしょうか?中には、給食を食べることよりも話に花が咲いていた選手もいたような…。でも、今日みたいな日は特別にそういうのもアリですかね。給食のあまりのみかんや牛乳をカープの選手とサンフレッチェの選手と子供たちでジャンケンで争奪戦!なんていうのも、こんな日だからこそ見られたシーンだったと思います。

 そしてイベントのラストは広島交響楽団による校歌の演奏と閉会式。楽しいひとときはあっという間に過ぎていきました。約3時間という限られて時間でしたが、P3のコラボを小学校の子供たちは存分に体験することができたのではないでしょうか。きっと選手達にとっても、いつもの小学校訪問とはまた少し違ったものとなったんじゃないかと思います。またこういう機会があるといいですね。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

白星ならず [サンフレッチェ]

J2リーグ 第42節
ベガルタ仙台 1−1 サンフレッチェ広島

【得点】
32分 仙台・菅井直樹(1−0)
44分 広島・佐藤寿人(1−1)

*******************************************
またしても仙台に勝てず…。本当に天敵ですね〜。
内容としてはサンフレッチェの方が勝っていたと思いますが、
それでも結果はついてこない。
対仙台はこれで1敗2分となり、J2で唯一白星を挙げることができませんでした。

しかし、寿人選手のゴールは素晴らしかった!
槙野選手が突破を図り、ラインギリギリでクロスを上げると、
寿人選手がトラップして反転し、振り向き様にシュート。さすがストライカーです。

ただ、次の天皇杯、川崎戦に寿人選手はいません。
そこでどんな試合を見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1に勝利! [サンフレッチェ]

第88回天皇杯4回戦
東京ヴェルディ 0−1 サンフレッチェ広島

【得点】
89分 広島・高柳一誠(0−1)

********************************************
結果は文字の速報でしか見ていないのですが…ひとまず勝ちました!
高柳選手、天皇杯では2連続ゴールです!カップ戦に強いですね〜。
ここ数試合は桑田選手や清水選手など若手選手がゴールを決めており、
それもチームの勢いにつながっているように感じます。
9月23日にJ1復帰を決定して以降続く連勝は、今日で6まで伸びました。
念願のJ1を相手に、粘り強く勝利できたこともチームにとっては大きいのではないでしょうか。
足をつった選手が何人かいたらしい、というのは気になりますが、
きっとそれだけ力を尽くしたという証なのでしょう。

そして、次は仙台戦です。ここまで仙台との対戦成績は1分1敗。
相性の悪さは否定できませんが、甲府に続いてJ2に2つも負け越しチームを作るわけにはいきません。
明日はしっかりリカバリーで疲れを癒して、また来週末に向けて頑張ってもらいたいと思います。
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

11月号編集後記 森崎和幸選手編 [サンフレッチェ]

 ナビスコカップ、大分が勝ちましたね。初タイトルに沸く選手やサポーターを見ていると、何だかうらやましくも思えます。サンフレッチェもJ1復帰やJ2優勝、ゼロックスの優勝もありましたが、またそれとは違うような。その大分の歓喜の輪の中に知っている顔がチラチラ(いや、しっかり?)見えるのも、少し気になります。しかしとにもかくにも、大分トリニータさん、おめでとうございます。

 そして…今度はサンフレッチェが同じくらいの喜びを味わうチャンスです。明日は天皇杯、東京ヴェルディ戦。今年、J2で見せたぶっちぎりの強さが、J1のチームを相手にどれだけ通用するのか。選手も久々のJ1との対戦を楽しみにしているようですが、私もかなり楽しみです。

 という前置きはさておき、今日の主題は『編集後記・森崎和幸選手編』です。HAには森崎ツインズの連載がありますが、インタビューをするのは1年以上ぶりになります。その間「最近、アスリートさん、インタビューに来てくれないですね」なんて言われたこともありましたが、ようやくインタビューをすることができました。(決して避けていたわけではなく、諸処の理由でなかなか取材のタイミングが合わなかっただけですので…。)

 取材をしての第一印象は、「柔らかくなったなー」ということでした。昔は、ともすれば少しクールというか、他人を自分の周りの中に入り込ませないというか、そんな雰囲気があったカズ選手ですが、最近は(…というよりも少し前から)違います。若手に軽くちょっかいを出されたり(若手の方が気さくすぎるという見方もあるけれど)、取材のときも笑顔を見せてくれることが多くなったような気がします。

 そして肝心の取材本編では…タイトルを『ドクトル・カズと呼ばれる理由』とつけましたが、まさにそんな感じです。今年はボランチで絶対的な存在感を見せつけたプレー面はもちろんのこと、熊本戦でチームの危機を感じ、徳島戦前にチームへ自分の考えを伝えた行動。カズ選手の存在なくして、これだけ早い段階でJ1復帰を決めることはできなかったのではないでしょうか。

 ただ、カズ選手はもちろん、この1年間に満足していません。早い段階でJ1に復帰できたものの、序盤はケガもあったし、「ボランチで結果を残したい」という思いも完全に遂げられたかというとそれも違う。今年戦ってきた舞台はあくまでJ2で、やはりJ1で存在感を発揮してこそ、チームの、そして自分自身の力を証明できると思っているのでしょう。来季はぜひ、2年半ぶりに『ボランチ』で躍動するカズ選手が見たいですね。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

衝撃のデビュー戦! [サンフレッチェ]

J2リーグ 第41節
サンフレッチェ広島 5−1 サガン鳥栖

【得点】
55分 広島・森脇良太(1−0)
60分 広島・森崎浩司(2−0)
64分 広島・森崎浩司(3−0)
71分 広島・清水航平(4−0)
79分 鳥栖・藤田祥史(4−1)
81分 広島・佐藤寿人(5−1)

**********************************************
ヒーローインタビューの森脇選手の涙は意外でした。
きっと笑顔爆発なのだろうと思っていたのですが…
やはりシーズン中のケガでの離脱には、いろいろ思うこともあったようですね。
今回もカッコいい感じではないけれど、気持ちのこもったいいゴールでした。

そしてそして、何と言っても今日の話題ルーキー、清水選手でしょう!!
公式戦デビューながらも全く緊張した様子はなく、
憧れの寿人選手からボールを受けて、落ち着いてシュート!いや〜、いいじゃないですか。
高卒ルーキーのリーグデビュー戦での初ゴールは、田村選手以来。
カップ戦も含めると、高柳選手以来…ですかね。たぶん(定かでなくてごめんなさい)。
これからが本当に楽しみです。

と、勝利に喜んでばかりもいられません。
来週はいよいよ、念願のJ1との対戦が待っています。
そこでどんなサッカーを見せてくれるのか、ある意味この1年間の真価が試されるところです。
昨年あと一歩届かなかった栄冠をつかむためにも、一層気を引き締めて闘ってもらいたいと思います。
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-19日本代表に岡本知剛選手が選出! [サンフレッチェ]

 本日発表されたAFC U-19選手権サウジアラビア2008のU-19日本代表にサンフレッチェの岡本知剛選手が選出されました。

岡本知剛選手コメント
「ケガの影響もあり、先日のトレーニングキャンプでも満足にプレーできていなかったことを考えると正直なところびっくりしています。この大会は、自身の中で1つの目標でもあっただけに選ばれたことは素直に嬉しいです。自分を選んで頂いたことであり、ここまで支えてくださった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。今持っている力を全て出して、世界大会への出場権獲得という目標に向かって頑張ってきます」。

*********************************************
最近すっかり更新が滞っていますが、できるときには更新します(苦笑)。

ケガの影響も心配されましたが、岡本選手がアジアユースのメンバーに選ばれました!
10月6日からの代表候補合宿に、別メニューながらも選出されていたことから
岡本選手のこの代表での存在感の大きさが伺い知れますが、
本人のコメントからすると意外だったようですね。私は岡本選手のコメントの方が意外です(笑)。
もうサンフレッチェでも実戦復帰してトレーニングマッチにも出ているくらいですから。
ギリギリで間に合って本当によかったです。

ただし…今回も登録はDF。DFです。サイドバックをやることになるのでしょうか?
真ん中でプレーしてほしい、という思いもありますが、やはり試合に出場することも大切。

前回のアジアユースではサンフレッチェの柏木選手と槙野選手が大活躍し、一躍全国区に名乗りを挙げました。
岡本選手にもぜひ、力を出し切ってもらいたいと思います。
頑張れ!トモ!!
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

10月号編集後記 槙野智章選手編 [サンフレッチェ]

 サンフレッチェの試合がなく、何だかちょっと寂しい週末。ということで、心の隙間を少しでも埋めるべくかなり遅くなりましたが今日は槙野選手の編集後記をお届けしたいと思います。

 最近の槙野選手と言えば、すぐに思い出されるのはやはり天皇杯のPK。最初、携帯サイトの速報で文字だけ見ていたときは、「またなんか面白いことしたんかな…」と思いましたが、あとで録画放送を見て「あぁ、やっぱり…」。コメントによると「相手に読まれないように」との意図があったそうで、それはそれでなるほど、とも思いますが、やっぱり見た目には「面白い」と写りますよね。槙野選手の場合、PKは技術でなく度胸で勝負! と言ったところでしょうか。でもPKには本当にそういった側面があるようにも思います。U-20W杯のときも、ゼロックスのときもそうですが、かなり大きい舞台できっちり決めているところは本当に素晴らしい! 目指せ、PK職人?

 ちなみに、この天皇杯のPKは、浩司選手がファールを受けた際にはかなり遠くにいたそうですが、ダーッと後方から駆けつけボールを手にしたとのこと。HAのLOCKER ROOMのコーナーでは自分でも話していますが、やはり「攻撃への意欲」「得点に対する思い」はなかなかのものです。

 その槙野選手の攻撃への意欲は、試合中の写真にも象徴されています。最近、試合の写真を見る機会が多いのですが、槙野選手がドリブルで駆け上がる写真の多いこと、多いこと。ストヤノフ選手も多いですが、よりアップな写真が多いのは槙野選手。ということは、それだけ前線まで近づいて上がっているということに他なりません。

 そしてその槙野選手のドリブルシーンを見て気づいたことが1つ。槙野選手、ドリブルをするときに結構あごを引いているんです。これは他の選手にない特徴ではないでしょうか。ただ、下を向いているわけではなく、目線は上向き。皆さんもぜひ、今度槙野選手のドリブル突破をチェックしてみてください。

 う〜ん…何だか物足りない編集後記ですね…。ちょっと取材から間があきすぎたか…。とりあえず、最後は一問一答フルバージョンをお届け致しますので、どうぞご覧下さい。今回も、楽しい話題が満載です。やっぱり槙野選手は愛すべきキャラクターですね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

まずは1勝 [サンフレッチェ]

第88回天皇杯 3回戦
サンフレッチェ広島 6-0 大阪体育大学

【得点】
15分 広島・槙野智章(1-0)
30分 広島・服部公太(2-0)
69分 広島・森脇良太(3-0)
75分 広島・服部公太(4-0)
86分 広島・高柳一誠(5-0)
87分 広島・久保竜彦(6-0)

************************************************
まずは天皇杯初戦、きっちりと勝利を収めました!
リーグ戦とはまた違った難しさもあると思われた一戦でしたが、
サンフレッチェはこの1年間、どちらかというと敵チームから「打倒サンフレッチェ」という姿勢で
挑まれ続けていただけに、今日の試合も慌てることなく、焦ることなく戦えていたのではないでしょうか。

しかし、じゃあ100点満点かといえばそうではありません。
試合後のヒーローインタビューで服部選手も話していたように、何度かカウンターを受ける場面もありました。
もし、これがJ1のチームであったならば…。
ただ、こんなところで私がどうこう言うまでもなく、
そんなことは選手達が一番よく分かっているはずなので、心配はしていません。
4回戦以降の相手は念願のJ1チームですし、
そこでしっかりと今の自分達の力を出し切って戦ってもらいたいと思います。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日はファン感謝デー!! [サンフレッチェ]

 行ってきました、ファン感謝デー! 天候はあいにくの雨でしたが、それでも3,000人ものサポーターの方が広島広域公園第二球技場に詰めかけました。

 まず最初のお楽しみといえば、やっぱり盛田選手プロデュースラーメン! 聞くところによると、10時から整理券配布に対し、もう7時半頃には50人くらいいたとか…。盛田選手、こだわりの味を堪能した貴重な100名の方、お味はいかがでしたでしょうか? 私は盛田選手がラーメンを作っているテントの中に入り、カメラを撮らせてもらったのですが、いやー、こだわって作ってますよー。「100個ともちゃんと同じ味で出せているかなあ…」「やっぱりベストコンディションで出さないと!」と、皆さんにおいしいラーメンを食べて頂こうとする姿勢は、完全にラーメン職人でした。また、ハチマキにエプロン姿もかなり似合ってます。
 ちなみにこのラーメン販売には、下田選手、桑田選手、遊佐選手が助っ人として登場。卵やチャーシューのトッピングを乗せたり、お客様に手渡したりしていました。下田選手が軽く冗談で「下田ラーメンです」なんて言いながらお客様に手渡していると、すかさず盛田選手から「違うから!」と突っ込む一幕も。ただ、この強力助っ人達のおかげもあって、盛田ラーメン店はより一層の盛り上がりを見せていたように思います。

 一方、フィールドの方でもいろいろと楽しいイベントが開催されました。やっぱり一番盛り上がったのは運動会アトラクションでしょうか。まず、各選手が赤白帽を被っている姿が面白い。やけに似合ってる選手も中には数人。久保選手も結構ノリノリで被っていましたが、結構周囲の選手からはいじられていたような…。

 運動会種目は3つあったのですが、どれもこれも笑いどころ(?)がたくさんありました。カラーコーン倒しでは、1回戦で高萩選手がカラーコーンを積み重ねて最後にばらばらにすると、ストヤノフ選手が「不正だ!」とアピール。しかし、2回戦ではそのストヤノフ選手がカラーコーンを集めて重ねる、重ねる…。もちろん、敵チームのサポーターや選手がストヤノフ選手からカラーコーンを奪おうとするのですが、ここは鉄壁のディフェンス。最終的には10個以上のカラーコーンを保持していました。
 しっぽ取りゲームのハイライトは、やっぱりあっち向いてホイですかね。しっぽ取りで勝負がつかず、最後はあっち向いてホイで決戦。サンフレッチェの公式ホームページにも写真がアップされていますが、橋内選手、なぜあっち向いてホイであんなに腰を捻る必要があるんでしょうか(笑)。やはり彼は、エンターテイナーです。
 玉入れの様子は…実はほとんど見られなかったのですが、聞いたところによると、選手がサポーターの子供を肩車して玉入れをすると、今度は選手が選手を肩車していたとか。まあ、そのくらいのアイディアはあり?

 という感じで、ファン感謝デーの楽しいひとときは、あっという間に終わってしまいました。雨にぬれてしまったけれど、選手はもちろん、サポーターの方もみんな笑顔だったのが印象的です。これだけ選手の普段とは違う一面を近くで見たり、一緒にふれあえるのもファン感謝デーならではないでしょうか。やっぱりこういうイベントっていいですね。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | 次の10件 サンフレッチェ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。