So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ご挨拶 [その他]

 2008年もついに今日で終わります。今年も広島アスリート並びに当ブログをご愛顧いただき、ありがとうございました。サンフレッチェは無事にJ1復帰が決定し、世代交代の進みつつあるカープも、新球場の完成する来季以降に向けて、希望に満ちたシーズンとなり、当編集部もいつになく活気づいていたように思います。2009年への大きな期待を持って、この年の瀬を迎えられることは、こういった仕事に携わってきた者として何よりも幸せです。

 と、ここでひとつご報告があります。実は私、今さらながらでありますが、実は今年8月をもって、広島アスリート編集部を卒業しておりました。サンフレッチェにとって大事な9月から、このブログの更新が滞りがちだったのはそういった理由もあります。そのときにこのブログを休止しようかとも思っていましたが、でもチームにとって大事な時期であるあのタイミングで止めてしまうのはどうなんだ、という思いと、まだしばらくはHAの原稿も書くから…という思いから、ここまで続けてきました。もちろん、雑誌の中とは違う形でサンフレッチェ情報を提供できないか、という思いもありましたので。(とはいっても、9月以降は結局更新が中途半端になってしまって、あまりこのブログの意味を成していなかったのですが…。)

 しかし、先に発売された1月号をもってして、HAの原稿執筆から離れることもあり、それでさすがに『HA』という冠を付けてのブログ更新をするわけにもいかず、本日でひとまず「Another HA」を終了したいと思います。もちろん、HA本誌では引き続き後輩が頑張ってサンフレッチェの記事を執筆していきますので、ぜひそちらを引き続きご覧頂ければ幸いです。

 これからも、広島アスリートマガジンをよろしくお願い致します!
nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

1月号編集後記 青山敏弘選手編 [サンフレッチェ]

 クリスマス・イブに入籍をした青山敏弘選手。HA1月号の取材をしたときは、当然そんな話は出ませんでしたが、今思うと、一問一答の部分で「今一番欲しいもの」という問いに「家」と答えてるあたり、ちょっとはそういうことも絡んでいたのかなあ、なんて思ったりします。

 と、そんな幸せいっぱいの青山選手ですが、今回の取材はいろいろハプニング続きでバタバタしました。うまくタイミングが合わずに、もしかすると1月号でインタビューをするのは無理かなあ…なんて思ったり。青山選手の方も気にかけてくれて、「すみません!」なんて謝ってくれたこともありました。いえいえ、こちらこそ。忙しい中、時間を割いて頂くのですから、こんなこともたまにはあります。

 最終的に青山選手のインタビューが行われたのは、『J1復帰・J2優勝 お祝いの会』のあった12月10日。市内のホテルで会の前に行われました。予定していた時間よりも早く到着していた青山選手。今回、なかなか取材のタイミングが合わなかったこともあって「もう今日は何でも訊いてください!」と笑顔での登場でした。パリッと着たスーツ姿も様になっています。(写真は本誌を見てくださいね!)

 肝心の取材の方はと言うと…私の印象からすると、やはり今年1年、青山選手にとってはいい年だったんじゃないかなということです。ケガのリハビリから始まり、順風満帆のスタートではなかったけれど、時間が経つにつれてどんどんプレーがよくなり、気持ちも前に向いていきました。ゴール前のこぼれ球を詰める得点が今年は何度もありましたが、まさにそのプレーにも象徴されているのではないでしょうか。「カズさんのおかげ」と青山選手は控えめですが、やっぱりあの青山選手の運動量は半端じゃないなと。中盤のポジション争いは激しいけれど、その中でも”自分にしかできないプレー”というものを確立して、実際にそれができつつあるように思います。ただ青山選手自身は、今の自分に全然満足していません。それがまた、いいですね。まだまだ若いですし、これからどこまで進化していくのか、本当に楽しみです。

 それにしてもやっぱりサッカー選手は結婚するのが早いですね〜。でも、守るべきものがあることや、精神的なリラックス、食事などのことを考えても、選手にとっては結婚するメリットがたくさんあるのかな、なんて思ったりもします。青山選手、お幸せに♪
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

12月号編集後記 佐藤寿人選手編 [サンフレッチェ]

 すでに1月号も発売になっていますが、ようやく12月号の編集後記をお届けしたいと思います(苦笑)。

 寿人選手を取材して、まず感じたのはたくさんのチームメートの名前が出てきたところです。私から誰かの名前を挙げることはなかったのですが、自然と寿人選手の口からは、どんどん名前が出てきました。青山選手、高萩選手、柏木選手、槙野選手、下田選手、木寺選手、佐藤アキ選手、久保選手…と。取材時間は約30分でしたが、もう少し長く訊けば全員の名前が出て来たんじゃないかと思うくらいです。これは、紛れもなく寿人選手がチームメートを大切にしている証ではないでしょうか。自分が頑張るだけでなく、常にチームのことを考えてプレーしてきたからこそ、話しているうちに自然に頭に浮かんでくる。それが寿人選手の2008年シーズン、そのものだったんじゃないかなと改めて感じました。

 確かに今年の寿人選手は例年にも増して素晴らしかったです。どこかの雑誌やインターネットの企画で、今年のJ2MVPに寿人選手が選ばれているのを複数見ましたが、それは当然のこと。ぶっちぎりでのJ2得点王となれば、文句のつけようがありません。数年前までサンフレッチェには「得点力不足」「エースストライカーの不在」なんてことがよく言われていましたが、寿人選手が移籍して以降は、そんな声もいつの間にか消えています。チームで勝ち取ったJ1復帰という事実に異論はありませんが、寿人選手の活躍なくして、この結果はなかったと言っても過言ではないはずです。

 もちろん、今年のプレーを見ていても分かるように、寿人選手の素晴らしさはそれだけに止まりませんでした。キャプテンとして、言葉とプレーと強い心でチームを引っ張ってきた。ともすれば「弱い」なんて言われがちだったサンフレッチェにとって、寿人選手の姿勢は大きな財産とも呼べるものだったのではないかと思います。特に若い選手が増えて来ている昨今、あれだけのリーダーシップで常に前に走り続けてくれる存在がいることは、本当にチームにとって大きい。寿人選手がMVPとなった要素の半分は、そういった精神的な強さじゃないかな、なんて個人的には思ったりもします。

 返す返すも、本当に頼もしい男です。寿人選手はいつも周囲に感謝の意を表しているけど、こちらこそ、本当にありがとうございますと言わなくてはならないなと思います。

 と、何だか収拾のつかなくなってきた編集後記ですが、言いたかったのは寿人はすごい、ということです。伝わりましたかね?

 年内には、今、発売されている1月号の青山選手の編集後記も書いてみたいと思いますので、もう少し、お待ちください。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

長い旅はひとまず終了 [サンフレッチェ]

第88回天皇杯 準々決勝
柏レイソル 3−2 サンフレッチェ広島

【得点】
3分 柏・古賀正紘(1−0)
6分 広島・佐藤寿人(1−1)
13分 柏・菅沼実(2−1)
26分 広島・佐藤寿人(2−2)
99分 柏・フランサ(3−2)

************************************
いやー、本当に惜しかったです。
勝てそうな展開だっただけに、悔やまれるところ。
ただ、天皇杯で3試合、J1のチームと対戦しましたが、
その中で来年戦っていける手応えはつかめたのではないでしょうか。
2007年12月8日から始まった長い旅は、
今日の試合で本当にひと区切り。
まず選手達にはゆっくり休んでもらって、
また来年、力一杯走り出してもらいたいと思います。

私は寿人選手と青山選手の編集後記を書いてから休みます(苦笑)。
今週中には!!
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

西河翔吾選手が期限付き移籍から復帰 [サンフレッチェ]

 サンフレッチェ広島は、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍していた西河翔吾選手が、2009年シーズンからチームに復帰することを発表しました。

★西河 翔吾選手プロフィール
生年月日 1983年 7月 1日(25歳)
出身地 広島県広島市
身長/体重 182cm/74kg
ポジション DF
経歴
舟入小→大河フットボールクラブ→広島市立沼田高→広島修道大→サンフレッチェ広島
→徳島ヴォルティス ※期限付き移籍

出場記録
           リーグ戦     カップ戦    天皇杯
2004年 広島 J1  5試合 0得点 1試合 0得点 0試合 0得点
2005年 広島 J1 13試合 0得点 0試合 0得点 2試合 0得点
2006年 広島 J1  2試合 0得点 3試合 0得点  ―   ―
2006年 徳島 J2  8試合 0得点  ―   ―   1試合 0得点
2007年 徳島 J2 42試合 1得点  ―   ―   1試合 0得点
2008年 徳島 J2 35試合 2得点  ―   ―   1試合 0得点
      合計 J1 20試合 0得点 4試合 0得点 5試合 0得点
         J2 85試合 3得点

コメント
徳島での2年3ヶ月、とてもいい経験をさせていただきました。
この1年、広島にいる選手みんなの成長している姿をずっと見てきて、
自分も同様に成長していきたいと思っています。
これからサンフレッチェに復帰し、気持ちを新たに頑張っていきます。応援よろしくお願い致します。

**************************************
イケメンが1人(笑)、サンフレッチェに帰ってきました。
西河選手は数日前から既にサンフレッチェの練習に参加しており、
私も先日、吉田で会いましたが、気さくな感じは以前と変わらず、でした。
プレーでも熱いものを見せてくれていたので、来年が本当に楽しみです。

しかし…プロフィールを見てちょっと驚いたのですが、
西河選手、もう25歳になるんですね。
私が初めて取材をさせてもらったのが特別指定選手の大学3年の頃で、
それはまだ20歳か21歳になったばかりの頃だったので、月日の流れの早さを感じます。
つまり私もそれだけ年を取ってるということですね…。頑張らなくては(笑)。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。